車なしの休日のすごしかた

車なしの休日のすごしかた

車なしの休日のすごしかた

今日から小学校は夏休みです!というか、土曜日なので世間はお休みですよね。残念ながら我が家のパパは今日もお仕事です。

車を使って出かけてしまったので、今日1日パパなし、車なしの生活を強いられてしまいました。

3人の子どもと妊婦では、どこに行くにも疲れてしまいます。でも幸い今日はすごく涼しく、外で遊ぶのも気持ちが良いほどでした。

なので、朝いつもと同じ時間に起きてご飯を食べ、起き替えをして、洗濯をして、私のダイエットの意味も込めて、

朝から家から少し離れた公園に向かう事にしました。なんか雲行き怪しいな。。。と思いつつ元気よく出発!

1年生の娘は自転車で、4歳の娘は歩いて、2歳の息子はバギーに乗って行きました。

今日行った公園まで大人の足で、歩いて15分くらいです。4歳の娘はがんばれるー!!といって走ってみたり、お花や虫を見つけては大はしゃぎ。

長女は危なっかしくて、後ろから私に隅っこを走りなさい!と怒られていました。実は長女、1ヶ月前にようやく補助輪がとれたばかりです。。。

そんな状態で公道を走らせるなんて。。。とも思いましたが、まあ、これも練習だ!と思って見守る事にしました。意外と上手に走ってました。

普段行かない公園だから色んな発見をしました。ひらがなが読めるようになった長女。お店の看板を読んで遊んでいまいした。

すると「だ、が、し。。。ママ!駄菓子屋さん!」と。。。しまった、バレてしまった。

実はそこにある事は知っていたけど、今まで知らない振りをしていたんです。でも、今日はせっかくお休みなのにどこにも行けない日。

行ってみようか!と言って中に入って行きました。

中に入ると、懐かしいお菓子ばかり!私が小さい時に食べてた駄菓子もまだありました。こっちが興奮してしまう程懐かしい雰囲気でした。

お値段は昔より若干高くなっていたものの、嬉しくてついついたくさん買ってあげてしまいました。そして、お会計。3人で丁度400円。

代金を払うと、おばあちゃんが「ママは何も買わなかったからどうぞ」といって、飴をくれました。

こういう感じがいいですよね♪ほんわかと温かい気持ちになりました。

その後、目的の公園でお菓子タイム!たくさん食べて、たくさん遊んで帰りました。

何もできないと思ってた休日も、楽しく過ごすことができてよかったです♪

レガシィB4

食べ物への執着心のつよさ

私は2歳4カ月の長男と、生後間もない次男の二児の母です。この頃、長男の食べ物への執着心の強さに困っています。

私がキッチンに入ると必ず寄ってきて、何か食べたいものを叫んだりすることです。

我が家はキッチンの入り口に、メッシュタイプの柵があります。なのでキッチンの中には入れないようになっています。

本来ならその柵も、私がまたがないといけないので大変だから一番低くしてありました。

しかし、この間椅子を持ってきて柵を飛び越えてきたので、一番高くしたばかりです。

さすがに降りるときに足がつかないので、怖いのか柵を越えようとはしなくなりました。

その代わり、私がキッチンに入ったとき「何か食べるつもりだ」と思っているのか、すぐに駆け寄ってきます。

こっそり気づかれないように行っても、冷蔵庫の開ける音が鳴ったら必ず来ます。

ちゃんと三食食べているのに、ここまでするので量が少ないのかなと思うぐらいです。

でも決まって欲しがるのが、お菓子やジュースといったものばかりなので困ります。

何のジュースが入っているのかわかっているのか、りんごジュースや牛乳とかアンパンマンジュースとかいってきます。

牛乳ならいいかなと思ってあげていたら、1日で500ccほど飲んでしまうのです。

お菓子もチラッとあけたときに、自分のお菓子が見えるともう大変です。ドーナッツ!アンパンマン!と柵をガタガタ揺らしながら叫んできます。

あげないでいると今度は大泣きしてひっくり返ったりしてしまいます。

なので3回に一度ぐらいはどうしても根負けしてしまい、何かしらあげてしまいます。

普段のご飯ですら偏食で、野菜や魚とかあんまり食べてくれなくてかなり苦戦しています。

なのにお菓子ばっかり食べようとする息子にすごくイライラしてしまいます。

いつまでこんな状態が続くのかなと悩んでしまいます。食べれるものだけを作っていたら、それはよくないとはわかっています。

でも作ったところで、食べてくれないのでもったいないと思ってしまいます。

食事中に怒ってばかりいる私を見て、食事を楽しい時間にしないといけないとよく母親に言われます。

ほんとに食べ物への執着心を、普段の三食の方に向けてくれたらいいのにと思ってしまいます。

車なしの休日のすごしかた